2018年9月11日 23時32分

読了まで 158

iPhoneやiPadをMacBookのように使う〜Appleが新たな特許を取得

MacBook Air Apple


 
のような筐体にを埋め込み、トラックパッドやスクリーンのように使う技術をが開発していることが改めて確認されました。

iPhoneやiPadがMacBookに早変わり

Appleが新たに取得した特許は、「電子アクセサリーデバイス」という至ってシンプルな名称です。しかし、米国特許商標庁(USPTO)によって公開された画像を確認すると、iPhoneやiPadをMacBookらしき筐体に埋め込んで使用できる技術を、Appleが開発していることが分かります。
 
iPadであればスクリーンの部位に埋め込むだけでなく、タッチスクリーンとしての操作も可能ということでしょうか。
 
iphone macbook 特許
iphone macbook 特許
 
もともと、この特許は2016年10月に申請されていたもので、申請から2年越しでの取得となりました。
 
外観はMacBookそっくりですが、単体で動作するというわけではなく、もっぱらiPhoneやiPadを埋め込んで使うためのシェルとして用いることが想定されているようです。シェル内部にはGPUやコネクター、バッテリーが内蔵されており、やポートへの出力をサポートすると考えられています。

実現可能性は低い?

プロトタイプの段階でiPhoneは、macOS(当時はOS X)を改変したもので動かしていたことを思うと、AppleがiOS製品のラップトップ化を考えているというのは興味深いでしょう。
 
しかし、特許を取得したからといって製品化されるわけではないこと、iPhoneやiPadを専用のシェルに入れてまでラップトップとして使う理由がないことなどから、実現する可能性は低そうです。特にiPadはキーボードアクセサリーであるSmart Keyboardを使うことで、すでにラップトップのような操作も可能です。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる