トップページ > 最新情報 > Apple、iPhoneに電池持続時間を延長する新技術を採用か
2018年8月25日 07時55分

読了まで 159

Apple、iPhoneに電池持続時間を延長する新技術を採用か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone X Apple 公式
 
AppleがiPhoneやApple Watchのディスプレイに、省電力、ひいては電池の持続時間延長に貢献する、新たなバックプレーン技術を導入する可能性があるとの見解を、調査会社IHS Markitが明らかにしました。

現在の主流はLTPS TFT

大まかにいうと、バックプレーンは画素のオン・オフ切り替えにおいて重要な役割を果たしています。つまりディスプレイの解像度、リフレッシュレート、消費電力に大きく関わっています。
 
現行のモバイルデバイスが搭載するアクティブマトリックス有機EL(AMOLED)ディスプレイは、低温ポリシリコンTFT液晶(LTPS TFT)を標準バックプレーンとして採用しています。しかしIHSは、Appleが将来的には、LTPS TFTに代わって「LTPO TFT(低温多結晶酸化物TFT)」という独自のバックプレーン技術を、iPhoneに取り入れるだろうと予想しています。
 
IHS Markit

LTPOはLTPSよりも省電力

IHSによれば、LTPOは理論的にはLTPSよりも5〜15%の省電が可能なため、電池持続時間の延長が期待できます。
 
LTPO技術については、Appleは2014年に最初の特許を申請しており、以降2015年、そして今年も特許を申請しています。
 
IHSはLTPSからLTPOへと切り替えるメリットについて、前述した省電力化以外にも、OLED部品や技術のコストをより密接に管理可能となる、ディスプレイ関連のサプライチェーンの管理がしやすくなる、などの理由を挙げています。これはLTPOがApple独自の技術であるためでしょう。

Apple Watchから採用か

IHSはAppleがまずLTPO技術を導入するのはApple Watchであり、順次OLEDを搭載したiPhoneにも採用していくだろうと予測しています。

 
 
Source:IHS Markit via MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる