2018年8月24日 20時00分

読了まで 210

Appleによる国立公園支援キャンペーンが今年もスタート

apple 国立公園 支援キャンペーン 


 
PayやApple Storeアプリの利用などを通して全米各地の国立公園を支援するキャンペーンが、Appleによって2018年も開催されます。

決済1回につき1ドルを寄付

国立公園支援キャンペーンは、8月24日~31日(現地時間)の間に、Apple StoreやオンラインストアでApple Payを用いるか、Apple Storeアプリ経由で行われる決済1回につき、1ドルを米国立公園基金(National Park Foundation)にするというものです(米国内限定)。
 
このキャンペーンは昨年より始まったもので、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)も「我々の国立公園は、アメリカの素晴らしいテーマのひとつだ」とし、キャンペーンへの参加を呼びかけています。
 

バッジやステッカー入手は日本のユーザーも可能

また、支援キャンペーン終了翌日にあたる9月1日には、ユーザーを対象としたアクティビティチャレンジが行われます。
 
このチャレンジは、50分以上のウォーキング/ランニング/車椅子のワークアウトを完了したユーザーを対象に、特別バッジとMessageステッカーが付与されるという内容です。「50」という数字は、米カリフォルニアのレッドウッド国立公園が50周年にあたることに由来しています。
 
apple watch pay ステッカー バッジ
 
ちなみに昨年は、イエローストーン国立公園内に設けられたハイキングコースの距離に等しい3.5マイル(5.6キロ)で同様のワークアウトを完了させるというものでした。
 
また、寄付キャンペーンと異なり、こちらは日本のユーザーも参加することが可能です。
 
 
Source:Apple
(kihachi)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる