次期iPhoneでワイヤレス充電性能が大幅アップ?

    コイル

    コイル
     
    中国のChina Timesが伝えたところによると、3モデル展開が予想されている次期iPhoneの少なくとも一つのモデルでワイヤレス充電用に銅線コイルが採用され、従来のフェライト・ポリマー複合材(FPC)よりも効率よく充電できるようになるとしています。

    効率化と発熱抑制

    China Timesは「2018年に発表される3つのiPhoneのうちの少なくとも1つでFPCが銅線コイルに置き換えられる。銅線コイルは抵抗が小さく、電力の増加によって生じる発熱を抑えることもできる」としています。この報道が正しければiPhoneのワイヤレス充電性能は大きく向上することになるでしょう。
     
    iPhone X ワイヤレス充電 mophie wireless chargin base レビュー
     
    iPhone X、iPhone8/8 Plusから採用されたワイヤレス充電は確かに便利ですが、充電スピードについては従来のLightningケーブルによる充電にはかないません。昨年の12月にリリースされたiOS11.2では7.5Wの高速ワイヤレス充電にも対応したのですが、それでも充電スピードは有線には敵いません。これが次期iPhoneでの銅線コイル採用で大きく改善する可能性が出てきました。

    充電環境は一変

    Appleは9月のスペシャルイベントでiPhone、Apple Watch、AirPodsのケースを同時にワイヤレス充電できるAirPower充電マットを発売(もしくは発売日を発表)すると予想されています。このAirPowerと銅線コイル搭載の次期iPhoneの組み合わせでワイヤレス充電環境は大きく改善するでしょう。
     

     
    また有線充電についても、次期iPhoneに付属する電源アダプターが18Wまで対応(現在は5W)すると伝えられており、付属Lightningケーブルでの充電速度も大幅に向上すると予想されています。有線による充電、ワイヤレス充電の双方が改善することで、次期iPhoneの登場をきっかけにiPhoneの充電環境は大きく変化しそうです。
     
     
    Source:MacRumors
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次