トップページ > 最新情報 > ドコモユーザー注意!不正アクセスでiPhone Xを購入させられる被害続出

読了まで 531

ドコモユーザー注意!不正アクセスでiPhone Xを購入させられる被害続出

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ドコモロゴ
 
キャリアのオンラインショップは、24時間いつでも注文できる手軽さが支持され、多くのユーザーが利用しています。会員ページにログインするだけで注文できるため、IDやパスワードといったアカウント情報は、第三者が推測しにくいものにし、複数の会員サービスで使い回さないなど、ユーザー自身でセキュリティを高めることも重要です。
 
しかし8月に入り、NTTドコモユーザーが、不正アクセスを受けて知らないうちにiPhone Xを購入させられる被害が続出していることが明らかになりました。
 
【2018/8/14 11:40追記】dアカウントのIDやパスワードを変更する場合の注意点を追記しました。

注文確認メールも届かず…知らないうちに注文、商品受け取り

Twitterでは、8月ごろから、知らないうちにiPhone Xを購入されていた、ドコモから不正ログインの通知がきて気づいたなど、不正アクセスの被害に遭ったドコモユーザーの注意喚起投稿が増加しています。
 
不正に購入されたiPhone Xはコンビニ受け取りだったと複数の報告があり、注文時の確認メールも別のメールアドレスを指定できることから、ユーザーに知られないよう注文し、商品を受け取っていたものとみられます。
 

 

 

 

 

 

 

 

不正ログイン疑いの際はドコモからSMSで通知

ドコモは不正利用を防止するため、ユーザーが普段アクセスしているプロバイダ以外からのアクセスがあった場合、SMS(メッセージ)でログインがあったことを通知してくれます。自分がアクセスした日時ではない場合は不正アクセスの可能性があります。
 
ドコモユーザーでiPhoneを利用している場合は、標準アプリ「メッセージ」でNTTDOCOMOより、以下のような内容で届きます。
 

 

ドコモユーザーは今からでもできる不正アクセス対策を!

どのような方法でアカウント情報を知り、不正アクセスをしたかなどは現時点では不明ですが、ドコモユーザーの方は、今からでもできる不正アクセスを防ぐ対策を行いましょう。
 

  • アカウント利用履歴(ログイン履歴)を確認する
  • IDやパスワードを変更する
  • 2段階認証を有効にする
  •  
    いずれもdアカウントの会員ページから短時間で手続きできます。dアカウントのログインページでIDとパスワードを入力してログインします。
     

     

    アカウント利用履歴を確認する手順

     
    dアカウントメニューのセキュリティの項目から、「dアカウント利用履歴」を押します。
     

     
    過去3カ月間のアカウントの利用履歴(最大100件)が確認できます。ログインの場合はログインした日時とどのページにアクセスしたか、IPアドレスと国名がわかります。
     

     
    もし身に覚えがない利用履歴があった場合は、不正アクセスされた可能性があります。
     

    IDを変更する手順

     
    dアカウントメニューのID/パスワード管理の項目から、「IDの変更」を押します。
     

     
    dアカウントのIDには、メールアドレスか、6~20けたの好きな文字列を指定できます。新たに設定したいIDを入力し、「入力内容を確認する」を押します。
     

     
    変更内容の確認画面です。注意事項をよく読み、入力した新しいIDで問題なければ「IDを変更する」を押します。
     

     
    IDの変更が完了しました。と表示されたら変更手続きの完了です。dアカウントにログインしているすべての端末で、変更した新しいIDの入力が必要になります。
     
    ※注意 ドコモユーザーでiPhoneを利用している場合は、dアカウントのID、パスワードを変更した際、ドコモメールの設定を再度行う必要があります(プロファイルの再インストール)。
     

    パスワードを変更する手順

     
    dアカウントメニューのID/パスワード管理の項目から、「パスワードの変更」を押します。
     

     
    注意事項を確認し、「パスワードを変更する」を押します。
     

     
    現在のパスワードには現在設定中のパスワード、新しいパスワードには変更したいパスワードを入力します。英字のみ、数字のみ、記号のみの指定はできません。8~20文字まで設定可能ですが、なるべく多くの文字数で、かつ大文字と小文字を混在させるとパスワードの安全度が高まります。入力したら「パスワードを変更する」を押します。
     

     
    パスワード変更が完了しました。と表示されたら変更手続きの完了です。dアカウントにログインしているすべての端末で、変更した新しいパスワードの入力が必要になります。
     
    ※注意 ドコモユーザーでiPhoneを利用している場合は、dアカウントのID、パスワードを変更した際、ドコモメールの設定を再度行う必要があります(プロファイルの再インストール)。
     

    2段階認証を有効にする手順

     
    IDとパスワードの入力後に、ユーザーの端末に送られるセキュリティコード(一時的なパスワード)を入力することでログインできる「2段階認証」システムも活用しましょう。
     
    dアカウントメニューのセキュリティの項目から、「2段階認証の設定」を押します。
     

     
    2段階認証設定の項目の「設定する」を押します。
     

     
    2段階認証利用設定の項目で「利用する」を指定すると、セキュリティコードの送付先という項目が現れます。ケータイメールまたはWebメールのどちらかを選択し、「上記内容に変更する」を押します。
     

     
    指定したセキュリティコードの送付先に、セキュリティコードの通知メールが届くので確認しましょう。コードは、メールでの通知から10分間という入力有効期限があるため、すばやく入力します。有効期限が切れた場合は2段階認証の設定から再度手続きします。
     

     
    2段階認証の設定が完了しました。と表示されたら手続きの完了です。以後はdアカウントにログインする際、IDとパスワードの入力に加え、端末に送られてくるセキュリティコードの入力が必須となります。
     
     
    Source:Twitter, NTTドコモ [1], [2], [3], [4]
    (asm)

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる