Facebook、ついに中国進出を実現か?

facebook マーク

facebook マーク
 
ユーザー数約22億人を誇るソーシャルネットワーキングサイト、Facebookが中国に子会社を設立することに成功しました。ついに念願の中国進出が実現するのでしょうか?

認可された数日後に会社登録が消された?

The New York Timesの報道から、Facebookが中国・杭州市(こうしゅうし)に子会社を設立したことが明らかになりました。認可は現地時間の18日に下りた模様です。子会社は、3,000万ドル(約33億3,500万円)の投資を受けたことがわかっています。
 
Facebookとその関連アプリは、中国国内でアクセス禁止対象となっているため、Facebookはこれまでステルスアプリを使用するなどして7億人のインターネット人口へのアクセスを試みてきました。
 
今回の子会社設立で中国進出に向けさらに前進したように見えるFacebookですが、中国の規制上のハードルは高いとされています。
 
Facebookの子会社が認可されたわずか数日後、会社登録が中国の政府Webサイトから抹消され、ソーシャルメディア上での子会社への言及も消されたといわれています。
 
この先Facebookの子会社が継続を許されるかどうかは定かではありませんが、この実験的な試みが今後どうなっていくのか見ものです。
 
 
Source:The New York Times via Axios
Photo:Anthony Quintano/Flickr
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次