トップページ > 最新情報 > ソニー、4800万画素のスマホ向けイメージセンサーを商品化 9月よりサンプル出荷開始
2018年7月23日 17時26分

読了まで 20

ソニー、4800万画素のスマホ向けイメージセンサーを商品化 9月よりサンプル出荷開始

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

IMX586
 
ソニーは23日、業界最多となる有効画素数4,800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」を商品化すると発表しました。2018年9月より、1つ3,000円でサンプル出荷を開始します。

世界最小の0.8μmの微細画素

IMX586」は、世界最小の0.8μmの微細画素をもち、有効4,800万画素を実現した製品です(ソニー調べ)。
 
サイズはスマートフォンにも搭載可能な1/2型(対角8.0mm)で、高性能なデジタル一眼に匹敵するほどの高解像度な画像を撮影することができます
 
デジタル一眼レフカメラ並の高解像度
 
一般的には、画素の微細化を進めると1画素あたりの集光効率が悪くなり、感度の低下や飽和信号量(取り扱うことができる光の量)の低下が起きてしまいます。
 
しかし、「IMX586」は集光効率と光電変換効率を従来よりも高めることで、感度と飽和信号量が低下しない世界最小0.8μmの微細画素をもつことに成功しています。

夜間は有効画素数を抑えることにより低ノイズでの撮影が可能

IMX586」は、夜間撮影などの光量が少ないシーンでは、隣接する4画素の信号を同じ色にし、画素サイズ1.6μm相当(有効1,200万画素)に感度を高めることで、低ノイズで明るい写真や動画を撮影することができます。
 
配列変換のイメージ図
 
反対に、日中の屋外などの明るい場所ではイメージセンサーに搭載された独自の信号処理技術で配列を変換し、画素サイズを0.8μmにすることにより4,800万画素での撮影が可能です。

従来の4倍のダイナミックレンジでの撮影が可能

「IMX586」は、ソニー独自の露光制御技術と信号処理機能を搭載することで、従来の4倍となる広いダイナミックレンジでの撮影やリアルタイムでの出力が可能です。
 
これにより同一画面で明るい部分と暗い部分が共存するような場合も、白飛びや黒潰れをおさえて撮影することができます。
 
 
Source:ソニー
(kotobaya)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる