2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    中国サプライヤーもiPhoneのOLEDディスプレイ供給を開始?

    iphone-x-oled

    iphone-x-oled
     
    現在iPhone Xの有機EL(OLED)ディスプレイパネルは、韓国のSamsungが独占的に供給していますが、AppleにLCDパネルを供給しているBOE Technology Groupが、OLEDディスプレイパネルサプライヤーの仲間入りを目指していることが明らかになりました。

    iPhoneのOLEDディスプレイ供給はさらに多様化?

    中国・北京市によって運営されるBOEは、iPadやMacBookのLCDパネルを供給しており、AppleのLCDサプライヤーとしては最大の企業となっています。
     
    ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、BOEは未来のiPhoneモデル用のOLEDディスプレイパネルの供給を模索しているとのことです:

    もし成功すれば、BOEは技術的に難易度の高い製品を生産できることを証明できるだけでなく、最新ディスプレイパネル生産の競争において、中国が韓国や日本に追いつくことができるだろう。
     
    北京市によって運営され、大株主が国営企業のBOEからディスプレイパネルを購入することにより、Appleは中国から好意を持たれ続けるだろう。BOEがAppleの高い品質基準をクリアすることができればだが。

    しかしながら、OLEDディスプレイパネルの生産はLCDパネルよりも難しく、OLEDパイオニアのSamsungでさえも歩留まりの低さ(不良品の多さ)に苦しんだといわれています。
     
    AppleはOLEDディスプレイサプライヤーの多様化をすでに試みており、韓国のLG Displayが今秋発売のiPhone用に300〜500万枚のOLEDディスプレイパネルを供給すると報じられています。
     
     
    Source:The Wall Street Journal via 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次