2018年7月21日19:12公開

読了まで 151

Samsung Galaxy WatchがFCCの認証を取得、デバイスの片鱗が明らかに

galaxy-watch-fcc


 
Samsung Galaxy Watchが、モデルナンバー「SM-R815」で米連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したことがわかりました。

コンパクトなサイズでLTE接続も利用可能

Samsung Galaxy Watchは、LTEをサポートし、ディスプレイサイズは1.19インチで、ワイヤレス充電機能も搭載される見込みです。
 
OSはTizen 4.0がプリインストールされるといわれていますが、当初GoogleのWear OSが搭載されるとも噂されていました。
 
1.19インチというディスプレイサイズは、Samsung Gear S3の1.3インチよりも小ぶりです。サイズ感としては、1.2インチのSamsung Gear Sportに近いものになるでしょう。
 

Samsung Gear Sport


 
FCCの認証には、アダプター(モデルナンバー:ETA0U60JBE)、ワイヤレス充電パッド(EP-YO805)、USBデータケーブル(ECB-DU2EBE)も含まれています。
 
4Gの周波数帯は、2、4、5、12、13、25、26、66が利用可能となっており、Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.2 LEをサポートしています。
 
Samsung Galaxy Watchは、8月9日の米ニューヨーク市のイベントで披露されるとみられています。
 
 
Source:Gadgets 360
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる