トップページ > 最新情報 > 米国内の新規購入者のiOSシェア、2018年第2四半期に上昇
2018年7月18日 18時26分

読了まで 27

米国内の新規購入者のiOSシェア、2018年第2四半期に上昇

samsung apple
 
2018年第2四半期(4-6月)に米国内で新規アクティベートされたデバイスのうち、iOS36%を占めていたことが消費者情報研究所(CIRP: Consumer Intelligence Research Partners)の調査で明らかになりました。

米国でSamsungに食い込むApple

「Apple iOSのアクティベーション率のシェアは前四半期、前年と比べて改善を見せている」とCIRPの共同創業者、ジョッシュ・ローヴィツ氏はコメントしています。「2017年第1四半期(1-3月)から大きくシェアが下落した、2017年第2四半期(4-6月)の1年前のトレンドをひっくり返す形となっている」と同氏は続けています。
 
2018年第2四半期中に新規にアクティベーションが行われたデバイスのうち、Androidが3分の2を確保しており、iOS3分の1を占めています。
 

CIRP


 
CIRPの調査は、2018年第2四半期に新規購入したデバイスをアクティベートした500人のアンケートをもとに行われました。
 
ブランド別シェアを見てみると、Samsungの36%に対し、Appleも同じく36%を獲得しており、Appleが米国内でSamsungに食い込んできていることがわかります。1年前、Samsungは米国内でより多くのシェアを占めていました。
 

CIRP


 
なお、LGやMotorolaのシェアは下降気味で、このトレンドは数カ月先まで続くとみられています。
 
同じくCIRPの調査で、AndroidからiPhoneに乗り換えたユーザーは安くて大画面のモデルを好むことが最近明らかになっています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Kārlis Dambrāns/Flickr
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる