トップページ > 最新情報 > iPhone7/7 Plusのスピーカーボタン問題、保証期間外の無償修理が終了

読了まで 218

iPhone7/7 Plusのスピーカーボタン問題、保証期間外の無償修理が終了

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone7 MacRumors
 
一部のiPhone7とiPhone7 Plusで通話中に「スピーカー」ボタンによる音声切り替えが無効になる問題について、Appleが保証期間外の無償修理を終了したと米メディアMacRumorsが報じています。

一部のiPhone7/7 Plusで発生する「スピーカー」ボタン問題

iPhoneは通話中に「スピーカー」ボタンを押すと、スピーカーホンやBluetoothヘッドセットでの通話に切り替えることができます。
 
一部のiPhone7とiPhone7 Plusで、通話中やFaceTime中に「スピーカー」ボタンがグレーで表示されて操作できなくなる問題が発見されており、Appleは購入後1年間の保証期間を過ぎても無償修理の対象としていました。
 
この問題でiPhone7の無償交換を受けたMacRumorsの読者は、2018年5月にApple Storeに持ち込み、マイクの不具合があったと説明を受けた、とMacRumorsの読者フォーラムに書き込んでいました。

先週、無償修理対応を終了

しかし、Appleは先週の時点で、「スピーカー」ボタン問題について保証対象外の無償修理対応を終了した、とMacRumorsが複数の信頼できるApple正規サービスプロバイダから得た情報として伝えています。
 
この問題に関する内部文書はすでにAppleのシステムから削除されており、無償修理対応ができなくなっている、とのことです。
 
仮に、保証期間を過ぎた同様の問題を持つ端末の修理をApple StoreのGenius Barやサービスプロバイダで行う場合は、通常の修理料金が請求される模様です。

無償修理対応終了の理由は不明

マイクの不具合問題が発生していたのはごく一部の端末とはいえ、完全に問題が解決する前にAppleが無償修理期間を打ち切った理由は不明です。
 
また、報じられているのはアメリカのAppleでの修理対応についてであり、日本でも同様の対応が取られているかは、現時点では不明です。
 
2016年9月に発売されたiPhone7とiPhone7 Plusは、現在も販売が継続されており、まだ購入後1年間の保証期間や、AppleCare+による延長保証が適用される端末も多いと考えられます。
 
もし、お持ちのiPhone7/7 Plusにスピーカーボタンの問題が発生している場合は、Appleの公式Webサイトや「Appleサポート」アプリから修理依頼が可能です。
 

 
 
Source:MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる