トップページ > 最新情報 > iPhoneに「Touch Bar」を移植したコンセプト、ソースコードが公開される
2018年7月3日 19時42分

読了まで 144

iPhoneに「Touch Bar」を移植したコンセプト、ソースコードが公開される

AccessoryTouchBar GitHub
 
2016年モデルのMacBook Proに搭載されているTouch Barを、iPhoneで使えるようにしたプログラムのソースコードが、GitHubで公開されました。

MacBook ProのTouch BarをiPhoneに

MacBook Proの発売当初、多くの開発者が楽しみ方のアイデアを競ったTouch BarをiPhoneの画面に移植して、iPhoneを便利にしてしまおう!というアイデアのコンセプトが、ソフトウェア開発プラットフォームGitHubで公開されました。
 
AccessoryTouchBar GitHub
 
日本語だと予測変換候補が表示される部分の上に、入力欄の種類や、入力中の内容に応じたメニューが表示されます。また、アルファベット入力中にTouch Barを数字入力モードに切り替えると、アルファベットと数字の混在した入力が簡単になります。
 
AccessoryTouchBar GitHub
 
文字入力だけでなく、画面の明るさやボリューム調整をコントロールセンターを使わずに操作することもできます。
 
AccessoryTouchBar GitHub

GitHubでソースコードが公開中

米メディアCult of Macは、「おそらくAppleが採用することはないだろう」と辛口の評価を下していますが、興味のある開発者の方は、GitHubで公開されているソースコードをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 
 
Source:GitHub/Emur, Cult of Mac
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる