トップページ > 最新情報 > Samsungの折りたたみスマホのOLEDディスプレイ、今年中にも量産開始か
2018年7月2日 18時28分

読了まで 146

Samsungの折りたたみスマホのOLEDディスプレイ、今年中にも量産開始か

samsung 折りたたみ


 
Samsung折りたたみスマホ有機EL(OLED)ディスプレイの試験的生産が開始されることがわかりました。今年中に量産に至る可能性もあるといわれています。

ついに動き出したGalaxy Xの製造

サプライヤーの情報筋によれば、Samsung DisplayはA3工場の生産ラインで折りたたみOLEDディスプレイの試験的生産の開始準備を進めているとのことです。夏に第1段階の試験的生産を済ませ、9月に次の段階へと移るとみられています。
 
すべてが順調に行けば、2018年の末までに折りたたみOLEDディスプレイの量産が開始される見込みです。今年のパネル生産量は10万ユニットほどになるといわれていますが、2019年には100万ユニットまで生産規模を拡大させる予定とのことです。

様々な折りたたみ方法の可能性

折りたたみディスプレイには様々な折りたたみ方法が考えられます。半分に折り曲げるとディスプレイが見えなくなってしまうため、3分の2のところで折り曲げるデザインになる可能性が濃厚とされています。ディスプレイが若干露出されることで、時間の確認や、着信時の番号表示なども可能となります。
 
折り曲げられたときのアスペクト比は、正方形よりも長方形に近い形になるとみられています。生産スケジュールは、Samsung Displayのディスプレイパネル生産の歩留まり次第で変更される可能性があるとされています。
 
 
Source:ETNews via Gadgets 360
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる