トップページ > 最新情報 > Apple、iPhoneのOLEDディスプレイパネルの新たなサプライヤーを確保
2018年6月28日 18時42分

読了まで 151

Apple、iPhoneのOLEDディスプレイパネルの新たなサプライヤーを確保

iphone x


 
iPhone Xなどハイエンド仕様のiPhoneに使用される、OLEDディスプレイパネルの生産に、2番目のサプライヤーが近く加わると伝えられています。

生産の多様化でディスプレイ価格が下がる?

iPhoneのOLEDディスプレイパネルは、これまでSamsungにより独占的に供給されてきましたが、Appleはサプライヤーの多様化に向けて本格的に動き出していることがわかりました。
 
OLEDディスプレイの2番目のサプライヤーとして加わるのは、以前からAppleにOLED供給の噂のある、同じく韓国のLG Displayです。200万〜400万ユニットの少量のパネルを最初に供給した後、生産量を拡大するとみられています。
 
OLEDディスプレイパネルが2社以上により供給されることで、Appleにとって部品の価格交渉が行いやすくなるといわれています。iPhone Xの部品で最も高いのはOLEDディスプレイパネルで、原価の約3分の1を占めており、それが高価な価格設定の元となっています。
 
LG製OLEDディスプレイパネルが本格的に使用されるのは来年となる見通しですが、今年発売される3台のiPhoneモデルのうち1台に採用される予定と報じられています。
 
「Appleにとって2つめのOLEDディスプレイパネルのサプライヤーの確保は、現在独占状態にあるSamsungへの依存率を下げることに繋がる」と、IHS Markitのシニア主任アナリスト、ジェリー・カン氏はコメントしています。
 
 
Source:Bloomgberg
Photo:William Hook/Flickr
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる