2018年6月16日 16時36分

読了まで 22

OPPOの新モデル「Find X」はノッチの次世代デザインを切り開くか

oppo find x


 
今やハイエンドモデルのスマートフォンではお馴染みの「ノッチ(切り欠き部分)」ですが、そのデザインは多種多様です。とくにの「Find X」には従来のモデルには見られなかった、ユニークなノッチが採用されそうです。

これまでのノッチとは違う

6月19日のリリースに向けて公開されたFind Xの予告動画を見ると、円形状のなだらかなくぼみからロゴがぼんやりと浮かび上がっている様子が確認できます。
 


 
ベゼルレスディスプレイであるのが濃厚なことから、このくぼみはノッチを表していると思われますが、注目したいのはその形状です。これまでノッチを搭載したスマートフォンは、 Xを筆頭に様々なメーカーがしのぎを削るようにしてリリースしてきましたが、ノッチ領域は大抵が四角形で、Find Xのような流線型は類を見ないデザインです。
 
iphone x ノッチ android 一覧

ノッチの形状で技術に制約が?

一般的に、ノッチにはフロントカメラ以外にも近接センサーや光センサー(アンビエントセンサー)を同領域に搭載していますが、仮に流線型となると「フロントカメラのみの搭載になるのではないか」と、ニュースサイトGSMArenaは推測しています。
 

oppo find x

 
ただし、指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込みを初めて実装したスマートフォンベンダーですから、こうしたセンサーを限られた領域に埋め込むことへ成功した可能性もあるでしょう。
 
Find Xのスペックは、CPUがSnapdragon 845、メモリが8GB、バッテリーが3,730mAhと、OPPOブランドを代表するハイエンドモデルになる見込みです。
 
 
Source:Twitter,GSMArena[1][2],Android Headline
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる