2018年6月13日 15時48分

読了まで 143

Apple、アプリ開発者による連絡先情報の収集・共有を禁止


 
の世界開発者会議(WWDC 18)開催中に、ガイドラインが改訂されましたが、アプリ開発者によるユーザーの連絡先情報の収集および共有を禁止する項目が加えられたことがわかりました。

ユーザー情報収集のループホールが閉ざされる

これまでアプリ開発者は、アプリを介してユーザーの連絡先情報を収集し、自由に使用することができましたが、AppleはApp Storeのガイドラインを改訂し、許可なしに連絡先情報のデータベースを制作することを禁じました
 
連絡先情報には、電話番号Eメールアドレスプロフィール写真などが含まれます。一人のユーザーがアプリをダウンロードし、開発者に連絡先情報を共有したとき、友人や家族の同意なしに連絡先情報が漏れてしまうループホールはこれで閉ざされたことになります。
 
しかしながら、すでに共有されてしまった連絡先情報は野に放たれたままです。開発者がアプリを介して収集した連絡先情報を販売していたケースもあるようです。
 
今後、ユーザーの連絡先情報に関してガイドラインに従わない開発者は、App Storeから排除されることになります。
 
また、アプリからのユーザーへのコンタクトも、ユーザーが個人的に望まない限り、できなくなったようです。
 
 
Source:Bloomberg via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる