2018年6月7日 22時52分

読了まで 143

Apple MapsをWebサイトに埋め込めるMapKit JSが公開

MapKit JS


 
Appleは世界開発者会議(WWDC 18)において、Apple Mapsをサイトに埋め込むことを可能にする「MapKit JS」を公開しました。

MapKit JSライブラリのベータ版を公開

Appleの標準アプリApple Mapsが、サードパーティーのWebサイトに埋め込めるようになります。Appleは開発者向けに、MapKit JSライブラリのベータ版を公開しました。
 
MapKit JSの機能自体は、AppleがiCloud.comの「を探す」や、WWDC 18などの自社サイトで使用しているコンポーネントと同じものです。
 
基本的な機能は向けのMapKitとほぼ同じで、マップに注釈をつけたり、オーバーレイを追加したりすることができます。また2本指で拡大する、回転させるといった、標準的なタッチスクリーン向けジェスチャーにも対応します。

Googleマップに一歩追いつく?

MapKit JSベータ版を使用するにはApple Developerアカウントでの登録が必要で、無料プランの場合使用制限が設けられています。
 
Googleマップは以前からWebサイトへの埋め込みが可能で、広く一般に利用されています。Apple Mapsもようやく一歩追いついた形です。

 
 
Source:Apple,9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる