2018年5月29日 18時57分

読了まで 152

Apple Watchが隠れた心房細動を発見、心拍センサーで異常を検知


 
Watchユーザーが心拍センサーの警告に従って医師の診断を受けたところ、不整脈の一種である心房細動が発見されたとのことです。

心拍数の異常値から隠れた病気を発見

イングランド北部のコッカーマス在住のケビン・ピアソン氏(52歳)は、父親の通院のためすでに病院を訪れていました。そのとき身につけていたの心拍センサーが突如として心拍数161を指し示し、ピアソン氏に警告を発しました。心拍数161といえば、運動中のアスリートよりも高い数値です。
 
まったく症状はありませんでしたが、ピアソン氏はApple Watchの指示に従い、座って数分間心拍数の変化を見ました。心拍数の高まりは引いていき、ピーク値と比べると低くなりましたが、1分間あたり79〜135と高めの数値が続いていました。
 
ペアソン氏はApple Watchが間違っているのではないかとも思いましたが、念の為医師の診断を仰ぐことにします。すると、同氏は心房細動を患っていたことが発覚し、より大きい病院へと送られることになりました。移った病院で病状の深刻さが再確認されました。
 
ペアソン氏はAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)に感謝の手紙を送りました。同氏は今では心拍数が120を超えると警告が発されるようApple Watchを設定しているそうです。
 
「Apple Watchをスケジュール管理、やせるための運動目標の設定などに使用していた」と語るペアソン氏は、「心拍数が高いときに警告してくれるとは思わなかった」と驚きを表現しました。
 
 
Source:The Independent via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる