トップページ > 最新情報 > 米国でのiPhone売上、スマホ総売上減にも関わらず16%増

読了まで 22

米国でのiPhone売上、スマホ総売上減にも関わらず16%増

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone x iphone8 iphone8 plus 比較
 
2018年第1四半期(1−3月)のアメリカにおけるスマートフォン売上は前年同期比で11%減少したものの、AppleのiPhoneの売上は16%増加していたことがわかりました。

四半期売上が4,000万台を下回る

調査会社Counterpointの調べによれば、第1四半期のアメリカにおけるスマートフォン売上台数は3,870万台でした。これは2017年第1四半期の4,370万台と比べると11%減を意味します。四半期売上が4,000万台を下回ったのは3年ぶりとのことです。
 
アメリカのスマートフォン売上そのものは減少したにも関わらず、Appleは第1四半期としては過去最高となる1,600万台のiPhoneを売り上げ、対前年同期比で16%増を記録しました。これによりAppleの米スマートフォン市場におけるシェアは42%に達し、2位のSamsungの2倍近くとなっています。
 

800ドル以上の価格帯ではiPhoneが80%のシェア

Counterpointによると、同社が「スーパープレミアム」と呼ぶ800ドル以上の価格帯では、iPhoneが80%以上のシェアを獲得しています。これを米スマホ売上全体から見ると20%となります。
 
なお第1四半期におけるスーパープレミアム・スマホの売上は、米スマホ売上全体の28%を占め、2017年第4四半期からそのシェアは3%拡大しています。

モデル別売上首位はiPhone8

またCounterpointが発表した第1四半期の売上トップ10モデルのランキングでは、上位5位までをiPhoneが独占する結果となりました。首位はiPhone XではなくiPhone8となっています。
 
3月に発売されたSamsungのフラッグシップモデルGalaxy S9/9+は、前モデルのGalaxy S8と比べ立ち上がりが遅れていますが、これから勢いがつくだろうとCounterpointは予測しています。
 

 
 
Source:Counterpoint via 9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる