トップページ > 最新情報 > 建設会社がiPadの導入で年間2億円の経費削減に成功

読了まで 242

建設会社がiPadの導入で年間2億円の経費削減に成功

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket


 
最近になって売上台数を持ち直したといわれるAppleのiPadですが、仕事現場での導入により大きな経費削減につながった事例が報告されています。iPadの従業員への配布を5年前に開始した米テキサス州の建設会社Rogers O’Brienは、書類を印刷する必要性がなくなったことなどにより、年間180万ドル(約1.97億円)もの節約効果があったことを明らかにしています。

ビジネス向けに需要が拡がるiPad

iPadは2014年まで13四半期連続で売上台数が下がり続けていましたが、ここ最近の4四半期は売上が好転しています。
 
現地時間の5月1日に行なわれた、Appleの2018年第2四半期の業績報告ではほとんど話にのぼらなかったiPadですが、ビジネス向けでの販売に将来の活路が見出されると、Business InsiderがiPadを導入したアメリカのある建設会社の事例を紹介しています。
 
テキサス州ダラスを拠点とするRogers O’Brienは、340人いる従業員のうち、190人にiPadを配布したところ、180万ドルの節約効果が得られたと、同社の応用技術部門を率いるトッド・ウィン氏が明らかにしました。
 
「Rogers O’Brienのすべての運営担当スタッフはiPadを持っている」と語ったウィン氏は、「全従業員の半数以上、オフィス常勤でないスタッフ全員にiPadを配布している」と語りました。

書類を印刷する必要なし

監督者や、プロジェクトマネージャーやその他の現場で勤務する従業員は紙の代わりにiPadを使用しています。書類を印刷する必要がなくなり、建設計画はクラウドに保存されるため、すべてのスタッフが最新の同じ資料を見て仕事をすることができます。建築家が変更を加えた場合、すぐさま書類に変更が加えられ、iPadで閲覧可能となります。
 
「我々はこれを”ひとつの真実”と呼んでいる。すべての従業員がひとつの真実に基づいて仕事をする」とウィン氏は語ります。常に資料が最新の状態に保たれることで、約7%の経費削減につながるそうです。古い書類をもとに間違ったものが建てられ、取り壊さなければならないような手間が省けるからだそうです。
 
iPadは建設計画だけでなく、マニュアルなどの印刷書類の削減にもつながるようです。「例えばテレビを買うときにマニュアルがついてくるが、建物を建設するとなると、すべての構成部分ごとに書類がついてくるため、相当な量の印刷物になる」とウィン氏は語ります。同氏によれば、iPadを使用することでプロジェクトあたり平均で1万ドル(約109万円)の印刷費の節約になるそうです。
 
また、iPadの使用で紙の書類を探す時間も省けるとのことです。いちいちトラックに戻って書類の確認などをする必要がなくなるため、会社全体で55,000時間の節約になっているそうです。

他企業のデバイスを使用しない理由は?

MicrosoftのSurfaceなど、優秀なタブレットがApple以外の企業からも販売されているにも関わらず、ウィン氏がiPadを選び続けるのは何故なのでしょうか?
 
同氏によれば、一番の理由はそのバッテリー駆動時間の長さにあるとのことです。PCタブレットが8〜10時間しか持たないのに対し、iPadは数日使えるとウィン氏は語りました。
 
 
Source:Business Insider
(lexi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iPad  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる