トップページ > 最新情報 > ニュースアプリ利用者数が急拡大 2017年度末は4,683万人
2018年5月9日 17時52分

読了まで 238

ニュースアプリ利用者数が急拡大 2017年度末は4,683万人

スマートフォンを操作する人
 
ICT総研は5月9日、「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」の結果を発表しました。ニュースアプリの利用者数は年々拡大しており、2017年度末には4,683万人となりました

急拡大したモバイルニュースアプリ利用者数

近年ではスマートフォンでニュースを見る際、ブラウザを利用せず、モバイルニュースアプリを利用するユーザーが増えています
 
ICT総研によると、日本国内におけるモバイルニュースアプリの利用者数は、2014年度末は2,264万人でしたが、2015年度末は3,378万人、2016年度末は4,093万人、2017年度末には4,683万人まで急拡大したとのことです。
 
今後の利用者伸び率は落ち着くことが予想されるものの、2020年度末には5,630万人のユーザーがモバイルニュースアプリを利用すると推測されます。
 
モバイルニュースアプリの利用者数推移

ニュースアプリ利用率トップは「Yahoo!ニュース」

ICT総研が2018年4月27日〜5月2日、インターネットユーザー4,036人を対象に実施したWEBアンケート調査によると、1年以内にニュースアプリを利用したユーザーは全体の58.7%に上り、2017年3月調査時よりも6.3ポイント増加していることがわかりました。
 
また、1カ月以内に利用したユーザーは全体の90%近くに達したとのことです。
 
アンケート回答者の中で最も利用率が高かったポータル系ニュースアプリは「Yahoo!ニュース(27.7%)」で、2位は「LINE NEWS(24.6%)」、3位は「スマートニュース(18.3%)」でした。
 
新聞系アプリは、1位が「朝日新聞デジタル(7.6%)」、2位が「日経電子版(7.1%)」、3位が「読売プレミアム(5.6%)」でした。
 
モバイルニュースアプリの利用率

満足度トップは「スマートニュース」と「日経電子版」

モバイルニュースアプリを利用しているユーザーを対象に、満足度の高いニュースアプリを聞いたところ、ポータブル系アプリでは「スマートニュース(74%)」、新聞系アプリでは「日経電子版(72.4%)」という結果になりました。
 
モバイルニュースアプリの満足度
 
スマートニュースは、昨年ICT総研が調査した「利用者満足度の高いニュースアプリ」でもトップとなっており、2年連続で満足度の最も高いニュースアプリとして選ばれています。

性別や年令によって利用するニュースアプリは異なる

ICT総研は、性別や年令によって利用するモバイルニュースアプリが異なる、と発表しています。
 
ニュースアプリの利用者を性別で分類したところ、男性比率が最も高かったのは「日経電子版(82.7%)」、女性比率が最も高かったのは「LINE NEWS(48.3%)」でした。
 
男性比率・女性比率の高いニュースアプリ
 
また年齢別で見ると、20〜30代の利用者比率が高いのはLINE NEWS、グノシー、スマートニュースで、50代以上の比率が高いのはYahoo!ニュースとなっています。
 
新聞系アプリでは、日経電子版のメインユーザーは50代ですが、朝日新聞デジタル、読売プレミアム、毎日新聞ニュースの利用者は20代が中心となっているようです。
 
 
Source:ICT総研
Photo:flickr-freestocks.org
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる