トップページ > 最新情報 > 業務用端末、自由に選べるなら72%がMacを選び、75%がiPhoneを選択
2018年4月27日 10時06分

読了まで 156

業務用端末、自由に選べるなら72%がMacを選び、75%がiPhoneを選択

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

mac
 
アメリカで業務へのApple製品導入サービスを提供するJamfが、興味深いレポートを発表しています。それによると従業員が業務用端末を自由に選択できる職場では、72%の従業員がMacを75%がiPhoneを選択し、それぞれライバル製品を大きく引き離しています。

業務効率化に貢献

調査対象となった事業所では、52%が業務で使用するコンピューターを従業員に選択させ、また49%がモバイルデバイスを選択できるようにしています。この自由に選択できる事業所での従業員の行動を調査したところ、「72%がMacを選択し、75%がiPhoneを選択」していたことがわかったとJamfが発表しています。

 

iPhone

 

一般に普段使い慣れたOS、デバイス、アプリを業務でも使用することで作業効率が上がると言われています。この調査でも68%の回答者が、デバイスの選択が生産性を向上させると答えています。家でも、仕事でも、勉強でもMaciPhoneを使っていれば、端末ごとの操作をいちいち覚える必要がなくなるだけでなく、スケジュール調整や連絡先の共有などでも効率も上がります。

従業員の定着にも効果

さらにJamfは従業員に自分の好きな端末を選択させることで、職場に対する満足度が上がるとしています。回答者の77%はデバイスを選択できる事業所にとどまる可能性が高いと答えており、高い能力を持った従業員を事業所に繫ぎ止めるには、自身でデバイスを選択できる環境を整えるのも重要としています。

 

もしかしたら日本でも将来的には会社から支給されるケータイ」や「ノートパソコン」は時代遅れになるのかもしれません。自分で好きな端末を選んでいいとなれば、日本でも普段から使っているiPhoneを選ぶ人が多くなるでしょう。
 
 
Source:MacRumors
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる