2018年4月25日 15時11分

読了まで 156

60代のスマホ所有率、初めて5割を超える モバイル社会研究所調べ

電話を持ち笑う老夫婦


 
モバイル社会研究所は4月24日、シニアの所有状況に関する調査結果を公表しました。60代のスマートフォン所有率は5割超えとなり、2015年の調査開始以来、初めてフィーチャーフォンの所有率を上回っています。

60代の56%がスマホを所有

調査は2018年1月、関東の1都6県に住む60〜79歳の男女510人を対象に実施されました。
 
調査の結果、60代のスマホ所有率は56%となり、2015年からの調査開始以来、初めてフィーチャーフォンの所有率を上回ったことがわかりました。また70代のスマホ所有率も、前回調査時の21%から31%まで上昇しています。
 
スマートフォンとフューチャーフォンの所有率

60代の多くはスマホとPCを所有

スマホやフィーチャーフォンと合わせて、パソコンの保有状況も確認しました。
 
60代男性は、スマホ・パソコンの両方を所有する人が36%と最も多くなっています。70代男性は、フィーチャーフォンのみ、フィーチャーフォンとPC、スマホとPCがそれぞれ約20%でした。
 
シニア男性のICTデバイス保有状況
 
また60代の女性も、スマートフォンとパソコンを所有する人が多数派で36%となっています。しかし70代の女性は、フィーチャーフォンのみを所有する人が46%と最も多くなっていました。
 
シニア女性のICTデバイス保有状況

ドコモやソフトバンクはシニア向けプランを展開

シニア向けのスマホプランに関しては、NTTドコモが「シニアはじめてスマホ割」、ソフトバンクが「ブループラン キッズ・シニア割引」を実施しています。
 
なおKDDIも55歳以上が加入できる「シニアプラン」を実施していましたが、2018年1月31日をもって新規受付を終了しており、現時点ではシニア専用のプランはありません。
 
 
Source:モバイル社会研究所
Photo:photo AC-acworks
(kotobaya)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる