トップページ > 最新情報 > Apple Pay、上海と北京の公共交通機関で利用可能に
2018年3月31日 06時03分

読了まで 145

Apple Pay、上海と北京の公共交通機関で利用可能に

中国 Apple Pay
 
iOS11.3とwatchOS4.3のリリースに伴い、中国のiPhoneおよびApple Watchユーザーは、北京と上海の公共交通機関でApple Payが利用できるようになりました。

北京と上海の交通系ICカードに対応

Apple Payが、北京および上海の公共交通系ICカードに対応したことがわかりました。開発者向けのiOS11.3ベータ4で対応を示すコードが発見されていたため、実現が待たれていました。
 
これは日本でいうところのSuicaです。中国のユーザーは、対応カードをWalletに登録すれば、地下鉄やバス、フェリーなどの交通機関を利用する際、iPhoneまたはApple Watchを改札機の読み取り部分にかざすだけで済みます。
 
利用可能なデバイスは、iPhone SE、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、iPhone X、Apple Watch Series 1/2/3です。

広州・杭州地下鉄は乗車券購入のみ

また中国のApple Payの解説ページには、広州地下鉄と杭州地下鉄の乗車券が購入可能であることも記されていますが、iPhoneまたはApple Watchを直接改札機にかざして通過することはできないようです。
 
 
Source:Apple Payの解説ページ(中国) via AppleInsider
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる