トップページ > HomePod > スパイク・ジョーンズ監督のHomePod新作CM、意外にアナログな撮影の舞台裏
2018年3月23日 17時11分

読了まで 159

スパイク・ジョーンズ監督のHomePod新作CM、意外にアナログな撮影の舞台裏

Welcome Home Adweek
 
Appleが先日公開した、スパイク・ジョーンズ監督が手がけたHomePodの新作CM「Welcome Home」のメイキング映像が公開されました。CGのように見えるシーンの多くが、実はセットを組んで撮影されていたことなどが分かります。

不思議な映像が印象的なHomePodのCM

「Welcome Home」は、仕事に疲れ満員電車に揺られて帰宅した女性が、HomePodで音楽を聴くうちにノリノリで踊り出し、部屋の壁がカラフルなストライプで覆われて伸びて行く、という不思議な映像が印象的な作品です。
 

 
監督したスパイク・ジョーンズ氏は、「マルコヴィッチの穴」などの映画作品やファットボーイ・スリム、ダフトパンク、R.E.M.などのミュージックビデオも数多く制作した実績があります。
 
Welcome Home Adweek

CGに見えるシーンも実写で撮影!

広告関連情報を扱う米メディアAdweekが公開したメイキング映像には、スパイク・ジョーンズ監督による熱のこもった演技指導の様子や、テーブルや部屋の壁が伸びる不思議な演出の舞台裏が描かれています。
 
Welcome Home Adweek
 
テーブルとその上に置かれた本が伸び、部屋の壁がカラフルなストライプになり伸びて行くシーンは、CGで制作されたように見えます。
 
Welcome Home Adweek
 
しかし、メイキング映像を見ると、模型で動きを入念に検証した大掛かりなセットを実際に動かしており、CGの使用は限定的であることが分かります。
 
Welcome Home Adweek

 
また、出演しているイギリス人シンガーのFKA Twigsがオーディションを受けた際の面接は、FaceTimeを使って行われたことも分かります。
 
Welcome Home Adweek
 
「このシーンもセットで撮影していたのか!」と驚かされるメイキング映像はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:Adweek via 9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : HomePod, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる