トップページ > 最新情報 > 世界の売れ筋は格安スマホじゃない?整備済iPhone市場が成長
2018年3月15日 06時10分

読了まで 215

世界の売れ筋は格安スマホじゃない?整備済iPhone市場が成長

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

https://jp.ifixit.com/Guide/iPhone+X%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%8F%9B/102423
 
世界規模でスマートフォン市場を考えたとき、一番伸びているのはインドなどの新興市場だと想像しがちです。しかし実際は格安のAndroidスマートフォンよりも、iPhoneなどの高性能スマホの整備済品が売れていることが、調査会社Counterpointの調べで明らかになりました。

整備済スマホ売上、対前年比で13%の伸び

Counterpointによると、2017年の世界の整備済スマートフォン売上は対前年比で13%伸び、約1億4,000万台となりました。新品のスマートフォン売上の伸びが同3%だったことを考えると、中古品の売上がどれだけ伸びているかがわかります。
 
中古スマートフォンのうち再び市場で売られるのはわずか25%、しかも整備されたものとなるとさらに少なくなります。

整備済スマホ市場、AppleとSamsungで80%以上のシェア

Counterpointのリサーチ・ディレクター、トム・カン氏は、2017年に新品のスマートフォンの売上があまり伸びなかった要因のひとつは整備済スマトーフォンにある、と述べています。技術改革の速度が緩やかになった結果、発売から2年が経過したハイエンドスマホと、最新のミッドレンジスマホの機能がほぼ同レベルとなり、格安スマホ市場がAppleのiPhoneやSamsung Galaxyを中心とするハイエンドスマホに侵食された、とカン氏は分析しています。
 
新品スマホ市場でもSamsungとAppleが大きなシェアを占めていますが、整備済スマホ市場でもこの2ブランドの人気は圧倒的で、両ブランドの売上(台数ベース)は整備済スマホ市場の4分の3を占めています。Counterpointは特にApple人気は高いと述べています。
 
金額ベースだとさらに両ブランドのシェアは大きくなり、整備済スマホ市場の80%以上を占めているとのことです。

2018年の新品スマホ売上は整備済の影響でさらに低迷か

Counterpointのリサーチ・ディレクターであるピーター・リチャードソン氏は、
 

2017年にもっとも急成長したスマートフォン市場がインドでもその他の新興国でもなく、整備済市場だという事実に驚く人は多いだろう。整備済スマートフォンによって2018年の新規スマートフォン市場はさらに成長が鈍化すると思う。

 
と述べています。

 
 
Source:Counterpoint via AppleInsider
Photo:iFixit
(lunatic)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる