トップページ > 最新情報 > iPhoneユーザーは写真撮影が好き?スマホ写真のプリントは過半数が経験
2018年3月4日 08時32分

読了まで 34

iPhoneユーザーは写真撮影が好き?スマホ写真のプリントは過半数が経験

iPhone X カメラ


 
MMD研究所は、日本フォトイメージング協会と共同で「スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査」を実施し、結果を発表しました。週1回以上写真撮影する割合は、iPhoneユーザーは65.9%で、Android他ユーザーの42.5%を上回っています。

15〜69歳の男女2,152人を対象に調査

「スマートフォンでの写真撮影、プリントに関するユーザー調査」は、15歳〜69歳の男女2,152人を対象に写真撮影を行う端末や頻度を尋ね、そのうちスマートフォンで月に2〜3回以上撮影すると回答した801人を対象に、スマートフォンでの写真撮影やプリントなどについて聞いています。
 
調査は2018年1月17日~1月30日の期間、インターネットで実施されています。

写真撮影できる端末と週に1回以上写真撮影する端末でトップが逆転

写真撮影できる端末の所有状況を聞くと、トップはコンパクトデジカメの55.9%、僅差でiPhoneが55.7%で続き、スマートフォン(Android他)が32.3%で3位となりました。
 
1写真撮影端末所有
 
週に1回以上写真撮影する端末を聞くと、iPhoneが65.9%でトップに立ち、スマートフォン(Android他)が42.5%で続きます。所有率でトップだったコンパクトデジカメは12.7%と7位に転落しています。
 
2週1以上撮影デバイス

10代女性iPhoneユーザーの91.8%、週1回以上写真撮影

スマートフォンユーザーについて、週に1回以上写真を撮る割合を性年代別で集計すると、全体ではiPhoneユーザーが65.9%、Android他ユーザーは42.5%と、iPhoneの方が日常的に写真を撮るユーザーが多いことが分かります。
 
iPhoneユーザーの方がAndroid他ユーザーよりも写真をよく撮る傾向は各属性に共通しています。
 
3スマホ写真撮影
 
特に、10代女性iPhoneユーザーの91.8%、20代女性iPhoneユーザーの79.7%が週に1回以上スマートフォンで写真を撮影しており、Android他の5割台と比べて割合が高くなっています。
 
なお最近では、アメリカの非営利団体からiPhone Xが「ベスト・スマートフォンカメラ」に選ばれるなど、iPhoneシリーズのカメラは専門家からも高く評価されています

スマホ写真のプリント経験率は51.3%、20〜30代女性で高い

スマートフォンで月2〜3回以上写真撮影する回答者のうち、スマートフォンで撮影した写真をプリントしたことがある割合は51.3%で、過半数がスマホ写真のプリント経験者でした。
 
4プリント経験
 
スマートフォンで撮った写真のプリント経験率は、20代女性で72.8%、30代女性で69.6%と高いほか、男性の中では60代男性が57.6%で最も高くなっています。
 
5プリント経験

スマホ写真、7割が「プリントしたい」

スマートフォンで撮影した写真をプリントしたいと考えているのは、全体の69.9%と約7割でした。
 
6プリント意向
 
男女別では、女性は30代が84.0%でトップ、10代と20代がともに75.0%と10代〜30代で特に高くなっています。男性は、30代の77.0%、40代の74.7%と、30〜40代が高くなっています。
 
スマートフォンで撮影した写真をプリントするタイミング、目的、用途は「思い出を形に残しておくため」が64.7%でトップ、以下「写真を整理したり、まとめておくため」が37.1%、「人にプレゼントするため」が36.4%と続きました。
 
7プリント目的

フォトブック購入経験は2割弱、購入意向は10〜30代女性で6割強

フォトブックの利用経験率は18.4%と2割を切りました。
 
8フォトブック利用率
 
一方、フォトブックの購入意向と興味は、全体の48.4%と半数弱が購入意向を持っています。
 
性年代別では、30代女性67.1%、10代女性61.0%、20代女性60.5%と、10代〜30代の女性で特にフォトブックの購入意向が高い傾向があります。
 
9フォトブック購入意向、興味

 
 
Source:MMD研究所
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる