トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEOは「アドバイザー」タイプ?〜パーソナリティ診断
2018年2月24日 17時40分

読了まで 154

Appleのティム・クックCEOは「アドバイザー」タイプ?〜パーソナリティ診断

ティム・クック
 
米航空宇宙局(NASA)も使用した心理検査に基づき、行動分析企業がAppleティム・クック最高経営責任者(CEO)の10分間の言動を分析した結果、同氏が「アドバイザー」タイプであることが判明したそうです。

人口のわずか10%しかいない「アドバイザー」タイプとは?

行動科学者のテービー・ケーラー氏が開発したことで知られるPCM(Process Communication Model)は、行動分析に基づき、パーソナリティ診断を行なうことができる画期的なツールです。
 
行動分析企業のMattersightがPCMを用いてAppleティム・クックCEOのイベントでのふるまいを分析したところ「正式」「ていねい」「価値を追い求める」言葉をよく使用する、「アドバイザー」タイプであることが明らかになりました。
 
アドバイザーはコミットメントを重要視し、献身的で、注意深く良心的であるといわれています。
 
アドバイザーは、PCMの6つのパーソナリティ型のひとつであり、その他にオーガナイザー、連結者、独創的な人、実行家、夢想家があるようです。その中でもアドバイザーは全人口のわずか10%しかいないといわれており、その75%が男性とされていますが、女性陣でも元米大統領候補のヒラリー・クリントン氏や、Hewlett Packarの元CEOメグ・ホイットマン氏が同タイプであるとのことです。
 
オーガナイザーに分類される人にTesla、Space XのCEOのイーロン・マスク氏や、元米大統領のバラク・オバマ氏などが挙げられるそうです。FacebookのCEOのマーク・ザッカーバーグは独創的な人タイプだといわれています。
 
 
Source:Mattersight via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる