トップページ > 最新情報 > 次期6.1インチ液晶搭載iPhoneの詳細を著名アナリストが予測!
2018年1月24日 10時27分

読了まで 28

次期6.1インチ液晶搭載iPhoneの詳細を著名アナリストが予測!

iphones-2018-kgi-800x492
 
2018年秋の発売が見込まれる3モデルのiPhoneのうち、唯一液晶を搭載すると見られる6.1インチ版について、KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、スペックなどの詳細な予測を公開しました。

価格を抑えるため一部機能を変更

信頼性の高いApple関連情報を提供することで知られるクオ氏が、今年発売見込みの6.1インチ液晶搭載iPhoneは、Face IDは搭載するものの3D Touch機能は持たず、リアカメラのレンズは2個ではなく1個で、3GBのRAMを搭載、フレームはアルミニウム製になるだろうと、調査メモの中で述べています(トップ画像について:KGIの画像ではiPhone8 PlusのRAMが2GBとなっていますが、実際は3GBです)。
 
有機EL(OLED)ではなく液晶を搭載することを含めたiPhone Xとの違いは、価格を抑えるためとクオ氏は説明しています。

2枚重ねロジックボードとL字型バッテリーも不採用

同氏は、フレームはアルミニウム製としているものの、背面パネルの素材については言及していません。もしも背面パネルも現行のiPhone Xと同じガラスではなくアルミニウムになるとすれば、ワイヤレス充電機能は装備しないでしょう。
 
またクオ氏は、6.1インチ版iPhoneは、iPhone Xが搭載する2枚重ねのロジックボードや、L字型バッテリーも搭載しないと見ています。ロジックボードは従来通りの重ならない形で、バッテリーもiPhone8/8 Plusと同様の長方形のものになるとのことです。

6.1インチLCD搭載iPhoneは「700〜800ドル」

こうしたスペックの予測をもとに、6.1インチ版の米国内における販売価格について、クオ氏は以前の「650〜750ドル(約7.2万〜8.3万円)」という予想を、「700〜800ドル(約7.7万〜8.8万円)」へと引き上げました。
 
さらに6.1インチ版iPhoneの開発スケジュールは、6.5インチおよび5.8インチのOLED搭載iPhoneよりもやや遅れているとしつつ、次期iPhoneの総出荷台数の約50%をこの6.1インチ版が占め、2019年第1四半期まで売れ行き好調を維持する、と述べています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる