トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO、ネバダ州第2の都市にある施設拡大を祝うため登場
2018年1月18日 18時22分

読了まで 149

Appleのティム・クックCEO、ネバダ州第2の都市にある施設拡大を祝うため登場

Reno, nevada
 
Appleティム・クック最高経営責任者(CEO)は17日、ラスベガスに次ぐネバダ州第2の都市リノの施設拡大の記念式典に現れました。リノには元々大規模データセンターがありましたが、それをさらに拡張させ、新たな物流倉庫を建設するという計画が実現したようです。

重要施設があるネバダ州リノ

ネバダ州リノのデーターセンターは、世界各地から送られるiMessageのメッセージ、写真、FaceTimeのビデオ通話などを扱うAppleの重要施設です。
 
新設された物流倉庫の記念式典に登場したクックCEOは、「リノは、(Appleが)世界中の顧客に提供する製品とサービスの運営において非常に重要な役割を果たしている」と述べました。

大規模データセンターへの増資

Appleは2012年、固定資産税や売上税で8,900万ドル(約99億円)の減税が受けられることからリノでの10億ドル規模のデータセンター建設に踏み切りました。
 
昨年5月、Appleはリノ郊外の大規模データセンター10億ドル(1,112億円)の増資を行なうことを発表し、400万ドル(約4.45億円)の物流倉庫の建設計画も明らかにしました。
 
リノには、大規模データセンターと物流倉庫の他にも、Appleの2,500億ドル(約27.8兆円)もの投資ポートフォリオの管理を行なうBraeburn Capitalが拠点を置いていることが知られています。
 
 
Source:Reno Gazette Journal via AppleInsider
Photo:Wikimedia/Famartin

(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる