トップページ > 最新情報 > Googleが「他人の覗き見を検知するAI」を開発中
2017年12月1日 01時31分

読了まで 153

Googleが「他人の覗き見を検知するAI」を開発中

google 技術 覗き見


 
操作しているスマートフォンをこっそりと誰かに覗かれるのは、決して気分の良いものではありません。プライベートな内容はもとより、何の変哲もないウェブサイトの閲覧でも、やはり他人に監視されているという状況は回避したいところです。そんな悩めるスマートフォンユーザーに朗報です。

一瞬の覗き見も逃さない

Googleが現在開発しているのは、メインカメラを通して人工知能がユーザー以外の人物による目線を検知するという技術「電子スクリーンプロテクター(electronic screen protector)」です。検知するとスマートフォンにアラートが表示され、ユーザーは誰かが画面をのぞき見していたことが分かるという仕掛けです。
 

 
動画を確認すると分かるのですが、一瞬スマートフォンに目をやっただけでも、すぐに人工知能が検知する仕組みになっており、覗き見を決して逃しません。Googleによると、わずか2ミリ秒(2,000分の1秒)で検知するということなので、他人のスマートフォンに目を合わせたが最後、ということでしょう。

まだ開発段階

残念ながら、この技術は開発段階であり、12月初旬に米カリフォルニア州で行われるニューラルインフォメーション進行システム会議(Neural Information Processing Systems conference)で発表される予定のものです。
 
現実的には、高度なセキュリティーが要求される機関で実装されるに留まり、スマートフォンへ搭載される可能性は低いでしょう。覗き込みを防止したいユーザーは当分、市販で購入できるディスプレイに貼り付けるタイプのスクリーンプロテクターを利用するのが良さそうです。
 
 
Source:GSMArena
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる