トップページ > 最新情報 > ウォルマート、社用PCをWindowsかMacで選択できるプログラム開始予定
2017年10月26日 12時27分

読了まで 153

ウォルマート、社用PCをWindowsかMacで選択できるプログラム開始予定

Walmart
 
世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートが「社員に支給するPCをWindowsとMacから選べるプログラム」を近いうちに開始することがわかりました。来年には10万台のMacが導入される予定だといいます。

プログラムは数か月後に発表予定

アメリカ時間10月25日よりミネソタ州で実施されているAppleのシステム管理者向けの会合「Jamf Nation User Conference 2017」において、ウォルマートのマイルス・レイシー氏が登壇、現在AppleのMacを導入するプログラムを準備していると発言しました。
 
レイシー氏によると、現在ウォルマートでは社員用PCに7,000台のMacを配布していますが、数ヵ月後には社員向けにWindowsかMacを選択できるプログラムを発表、来年には10万台のMacを管理する予定だといいます。

狙いは導入・維持コスト削減とサポートにかかる時間節約

レイシー氏はMacを導入する理由として、TCO(コンピューター導入や維持にかかる費用)とサポート対応時間が減ることを挙げています。
 
たとえばIBMでは2014年よりMacへの移行を推奨するプログラム「Mac@IBM」を実施しており、4年間で約9万台のMacを支給しました。
 
その結果、4年間の利用期間中で1台あたりのMacにかかったコストはLenovoのPCと比較して256ドル~535ドルほど少なく、経費節減につながっているほか、また同期間中におけるヘルプデスク問い合わせは、Windowsユーザーが40%に対して、Macユーザーはわずか5%だったといいます。
 
 
Source:AAPL Ch.,IBM,9to5Mac
Photo:flickr-Mike Mozart
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる