トップページ > 最新情報 > 顔認証の次は心臓認証!?ニューヨーク州立大学バッファロー校が「心臓スキャン」発表
2017年10月16日 18時39分

読了まで 159

顔認証の次は心臓認証!?ニューヨーク州立大学バッファロー校が「心臓スキャン」発表

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

heart
 
これまではスマホのロックを解除する方法として、パスコード入力、指紋認証、そして顔認証といった方法が採用されてきましたが、次は心臓を使って認証する時代が来るかもしれません。
 
ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究チームは、心電図をベースにした、人間の心臓を鍵に変える「心臓スキャン」の論文を発表しました。

誤認識率は4.42%

心臓スキャン」はドップラーレーダーを使用して測定された心拍数、心臓の形状、そして3Dデータ化された心臓の動き方を元に認証するシステムです。
 
心臓スキャンを利用するには、顔認証と同様、初めに8秒ほどかけてユーザーの心臓認証を行う必要がありますが、一度登録が完了すれば、その後は認証に相違が出ない限り連続認証が可能です。
 
また、顔認証では毎回スマホに顔を向けるといった動作が必要ですが、心臓スキャンでは登録された情報と一致すれば、ユーザーが何もしなくてもロックが解除されるといいます。
 
ただし、心臓スキャンの現段階での誤認識率は4.42%です。顔認証のFace ID100万分の1の確率(0.000001%)ということを考えても、実用化までにはまだ時間がかかりそうです。

ログイン画面がなくなる世界

とは言っても、心臓を使った認証は、やはり顔や指紋と比べても強固な認証システムになりうる可能性を秘めています。
 
ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究チームは、将来的にはスマホのロック解除だけでなく、ATMで現金を引き出す際や空港でチェックインをする際などにも心臓認証は活躍すると考えています。
 
今後もし心臓認証が実用化されれば、これまでのようなログイン画面という概念はなくなり、より安全に、よりスピーディーに認証ができる未来が訪れるかもしれません。
 
 
Source:GIZMODO
Photo:flickr-seyed mostafa zamani
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる