トップページ > 最新情報 > Microsoft、Apple Musicを打ち破ることを断念
2017年10月4日 03時10分

読了まで 23

Microsoft、Apple Musicを打ち破ることを断念

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Groove Music Pass
 
Microsoftは、音楽ストリーミングサービスGroove Music Passを終了し、Spotifyへ移行することを発表しました。MicrosoftのApple Musicを打ち破る野望はこれで途絶えたことになります。

公表されることのなかったサービス登録者数

音楽ストリーミングサービス市場大手のSpotifyが6,000万人、後を追うApple Musicが3,000万人の登録者数を誇っているのに対し、MicrosoftはGroove Music Passの登録会員数を公表することはありませんでした。
 
Groove Music Passは、元々「Xbox Music Pass」という名称でしたが、2015年に「Groove Music Pass」へと改称されました。
 
Windows 10のGrooveアプリやiOS、Android、Xboxでアクセス可能だった音楽ストリーミングサービスGroove Music Passは、2017年12月31日をもってサービスを終了することがMicrosoftから発表されました。

音楽配信では先駆けていたMicrosoft

2012年にサービスが開始されたGroove Music Passの前身である音楽ストリーミングサービスXbox Music Passですが、それ以前にMicrosoftは「Zune Music Pass」という、登録制音楽ダウンロードサービスを提供していました。
 
Zune Music Passは、2006年に開始された月額会員登録で音楽ファイルを無制限にダウンロードすることができるサービスで、2008年のSpotifyサービス開始のはるか前からすでに存在していました。
 
Groove Music Passのサービス終了により、Microsoft独自の音楽配信サービスの歴史に終止符が打たれることになり、Windowsファンの間では落胆の声が広がっています。
 
 
Source:Microsoftサポート via Business Insider
Photo:Microsoft
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる