トップページ > 最新情報 > AppleとWarner、AppleMusicにおけるロイヤルティーの引き下げで合意

読了まで 158

AppleとWarner、AppleMusicにおけるロイヤルティーの引き下げで合意

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

商標 apple music
 
これまで幾度となく行われてきた、大手メディア企業Time WarnerとAppleとの協議ですが、今回は買収交渉ではなく、Apple Musicのロイヤルティーについて、Warner Music Group(以下Warner)と話し合いの機会が持たれたことがわかりました。

Warnerとの取り決めを足掛かりに他社とも協議進める

Bloombergによると、Apple Musicで各レーベルとの契約が満了を迎えるにあたって、Appleが新たにWarnerとロイヤルティー(ストリーミングレート)の引き下げについての取り決めを行ったそうです。この取り決めによって、Appleは有料会員から得られる利益をベースにした支払いへと移行するため、ストリーミングベースだった以前よりもレーベルに対する支払いを抑えることができます。
 
6月には、ライバル企業のSpotifyに続いて、Apple Musicもサービス収益におけるロイヤルティーの割合を、現行の58%から55%まで引き下げようとしていることが報じられていました。
 
Appleは現在、Sony Music EntertainmentやUniversal Music Groupとも交渉を行っており、Warnerとの新契約を取っ掛かりとして、有利な条件で事を運びたいとする考えです。
 
Apple Music WWDC 17
 
2015年6月にサービスを開始して以来、Apple Musicは順調に成長を続け、2017年6月の時点で有料会員が2,700万人に到達しています。iOS11ではソーシャル機能が追加されるだけに、今後Appleのサービスの中でも存在感を一層増していくと思われます。事実、Appleは2020年にApple Musicからの収益が、現在の2倍である500億ドル(約5兆5,000億円)になると見込んでいるようです。
 
 
Source:Bloomberg via MacRumors
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる