正方形のiPod nano(第6世代)、Appleによるサポート対象外に

    iPod nano 第6世代

    iPod nano 第6世代

     
    Appleが、iPod nanoの第6世代を、ハードウェアサービスの対象外となる「オブソリート製品」に追加したことが分かりました。2010年から2012年に販売された同モデルは、正方形のタッチパネルが特徴でした。

    正方形のiPod nano、製造終了から7年経過でオブソリート製品に

    Appleが第6世代iPod nanoを8月30日付けでオブソリート製品のリストに追加した、と米メディアMacRumorsが報じています。
     
    オブソリート製品とは、製造中止から7年以上が経過した製品で、Appleによるハードウェアサービスの対象外となります。
     
    iPod nano 第6世代
     
    2010年に発表された第6世代iPod nanoは、本体内蔵スピーカーもなく、正方形のタッチパネルだけという思い切ったユーザーインターフェイスと、コンパクトな正方形のデザインが特徴的なモデルです。

     
    サードパーティからは、腕時計のように装着できるバンドなどのアクセサリーも発売されていました。

    7月にはiPod nanoとiPod Shuffleの販売が終了

    今年7月には、AppleがiPod nanoとiPod Shuffleの販売を終了しました。これは、Appleが音楽プレーヤーをApple Musicに対応したハードウェアに絞り込む方針を示したものと考えられます。
     
    なお、2015年にApple Musicのサービスが開始された時点で、Apple Musicの楽曲はiPod nanoとiPod Shuffleには転送できない仕様となっていました。
     
     
    Source:MacRumors, Apple「ビンテージ製品とオブソリート製品」
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次