トップページ > 最新情報 > Microsoftが杖型ARデバイスの特許を取得
2017年8月24日 22時01分

読了まで 155

Microsoftが杖型ARデバイスの特許を取得

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Microsoft HoloLens
 
Microsoftが杖型のAR(拡張現実)デバイスの特許を取得したことがわかりました。MicrosoftのARデバイスといえばHoloLensが話題になりましたが、最近あまりアップデートを聞きません。Microsoftの杖型デバイス特許取得の狙いとは?

他社VRヘッドセットのためのアクセサリ?

TwitterユーザーWalkingCatが見つけた特許の設計図によると、新しい杖型デバイスにはボタン、トリガー、そして指ガードが確認できます。
 


 
今回の杖型デバイスらしきものは、昨年6月に公開されたWindowsの複合現実プロジェクトのプロモーションビデオのなかにわずかに写っています。ビデオでは、VRヘッドマウントディスプレイであるHTC VIVEと同期して動作している様子が確認でき、このことから、杖型デバイスはHoloLensのみのアクセサリというよりもその他のパートナー企業のVRヘッドセットを含めた、ミクストリアリティ(VR・AR)全般のためのコントローラになるのではと予測されています。
 

 
ミクストリアリテイヘッドセットの価格はどんどん下がってきており、今年に入ってAcerが約33,000円のVRヘッドセットを発売するなど、一般のユーザーの手にも届きやすくなってきました。Microsoftの杖型デバイスは、増え続ける一般AR・VRユーザーを見据えての開発になるでしょう。
 
 
Source:The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる