2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleのティム・クックCEO、AirPodsは「需要が供給を大幅に上回っている」

    AirPods CM

    AirPods CM
     

    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、完全ワイヤレスイヤホンAirPodsの需要が供給を上回っていると語りました。また、Apple Watchなどと合わせたウェアラブル製品群の売り上げが、全米トップ500入り企業1社の総収入額に相当すると明かしました。

    品薄続くAirPods、納期短縮の努力も及ばず

    ティム・クックCEOは、現地時間5月2日に実施した2017年第2四半期決算発表の中で、AirPodsについて利用者の満足度が98%と非常に高いことに触れつつ、「需要が供給を大幅に上回っている」と語りました。
     
    AirPods 納期 在庫 出荷 状況
     
    AirPodsは、昨年12月の発売直後から、入荷まで6週待ちの状態が続いています。クックCEOは昨年末、納期を短縮するために努力していると説明していましたが、現在も需要を満たせる供給量が確保できていない模様です。

    AirPodsを含むカテゴリ、前年同期比31%の伸び

    決算発表資料において、AirPodsはApple WatchやiPod、Apple TVなどと同じ「その他」に分類されており、個々の製品の販売数量や売上高は明かされていません。
     
    今回の四半期決算で「その他」カテゴリの売上高は28億7,300万ドル(約3,200億円)で、前年同期比31%と大きく伸びており、Apple MusicやApp Storeなどの「サービス」カテゴリとともに、期待の成長分野となっています。

    フォーチュン500企業並みの売上高

    クックCEOは、同社のウェアラブル製品群の売上高について、全米の総収入額上位500社で構成される「フォーチュン500」入り企業1社に匹敵する規模になっている、と語りました。
     
    これは、Apple WatchやAirPodsの年間売上高が最低でも50億ドル(約5,500億円)に相当することを意味します。

     
     
    Source:9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次