トップページ > 最新情報 > Uber社長、Appleをだまそうとしてクック会長に叱責される

読了まで 217

Uber社長、Appleをだまそうとしてクック会長に叱責される

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Uber
 
配車サービスで知られるUberが、Appleのポリシーに反して個々のiPhoneを追跡していたことがAppleにばれ、クックCEOに「UberアプリをApp Storeから削除する」と警告されていたことがわかりました。
 
米New York Timesが、Uberの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のトラビス・カラニック氏についての詳細な記事のなかで、Appleとの「もめごと」について触れています。

ドライバーの詐欺行為に悩む

同紙によれば、Uberは2014年当時、中国を中心に、ドライバーによる詐欺行為に悩まされていました。一部のドライバーが盗難iPhoneを入手、偽のメールアドレスを使って大量のUberアカウントを設定し、各アカウントから配車サービスを依頼していたのです。
 
Uberではより多くの顧客を乗せたドライバーには報奨金を提供していたため、こうした詐欺行為によって荒稼ぎをしていたのでした。

iPhoneの追跡のためコードを埋め込む

詐欺行為を防ぐため、Uberの技術者らが各iPhoneを識別するためのコードをアプリ経由で埋め込むというプロセスを開始しました。これは「フィンガープリンティング」と呼ばれ、端末IDやCookieに関係なく、デバイス判定を行なうことができます。
 
しかしAppleは、iPhoneにおけるフィンガープリンティングの使用を禁じています。しかもUberは、iPhoneが初期化されても、コードが消えないようにしていました。

クックCEOから呼び出し。アプリ削除を警告

Appleにこの事実が露見することを恐れたカラニックCEOは技術者に命じ、Appleのカリフォルニア州クパチーノ本社に「ジオフェンス」を張りました。これは特定範囲の仮想境界線を意味しますが、この範囲内ではUberのフィンガープリンティングが見えないようにしたのです。
 
しかしこの試みはすぐにAppleにバレてしまいます。本社以外の場所に勤務するApple技術者が気づき、報告したからです。
 
2015年初め、Appleのティム・クックCEOはカラニックCEOをApple本社に呼び出し、フィンガープリンティングを今すぐやめないと、UberアプリをApp Storeから削除すると警告しました。
 
App Storeからのアプリ削除は、Uberにとって大打撃です。カラニックCEOは即座に同意したそうです。
 
 
Source:New York Times
Photo:Facebook(Uber)
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる