2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOSアプリの売上、2017年にAndroidアプリに抜かれる!?

    App Store

    App Store
     
    現在、アプリ市場の売上高はiOSアプリが過半数を占めていますが、2017年にはAndroidアプリの売上高がiOSアプリを逆転する、との予測をアプリ関連調査機関のApp Annieが発表しました。

    2017年、AndroidアプリDL数が大きく伸びる!?

    2016年のダウンロード数は、iOSが290億、Google Playが630億、スマートフォンメーカーが独自に用意するアプリストアのようなサードパーティが450億でした。合計すると、2016年に1,370億のアプリがダウンロードされていることになります。
     
    App Annie 2016レポート
     
    App Annieは、2017年にはiOSは300億とほぼ横ばいなのに対し、Google Playは1,140億、サードパーティが700億とAndroid勢の大きな伸びを予測しています。そして2021年には、iOSが420億、Google Playは1,960億、サードパーティが1,040億と、Androidの伸びが大きいのが目立ちます。
     
    これは、インド、メキシコ、ブラジル、インドネシアといった急成長中の国々でスマートフォンの販売が伸びると考えられるためです。

    アプリ市場規模、2016年は約6.8兆円!

    アプリの売上高を見ると、2016年はiOSが340億ドル(約3兆8,000億円)、Google Playが170億ドル(約1兆9,000億円)、サードパーティが100億ドル(約1兆1,000億円)と、iOSアプリの売上が全体の55%を占めています。3つを合計した市場規模は610億ドル(約6兆8,000億円)です。
     
    App Annie 2016レポート
     
    2017年のアプリ売上高は、iOSが400億ドル(約4兆4,500億円)、Google Playが210億ドル(約2兆4,000億円)、サードパーティが200億ドル(約2兆2,300億円)と、Google Playとサードパーティを合計したAndroid勢の売上がiOSを上回ります。なお、2017年の推計アプリ市場規模は810億ドル(約9兆円)にのぼります。
     
    2021年には、iOSが600億ドル(約6兆7,000億円)、Google Playが420億ドル(約4兆7,000億円)、サードパーティが360億ドル(約4兆円)と、それぞれ成長すると予測されています。合計した市場規模は1,380億ドル(約15兆4,000億円)と、2016年の約2.3倍の規模となる予測です。

     
     
    Source:App Annie
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次