トップページ > 最新情報 > Apple PayのモバイルSuicaは絶好調!JRのメリットなど、中の人が語る!

読了まで 228

Apple PayのモバイルSuicaは絶好調!JRのメリットなど、中の人が語る!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Pay 日本 Suica Felica

 
Apple PayモバイルSuicaが利用可能となって約2ヶ月の状況について、IT Proのインタビューに、JR東日本IT・Suica事業本部業務推進部次長の齊藤正浩氏が語っているので、一部をご紹介します。

Apple Pay開始後1ヶ月で約29万人の利用者増

齊藤氏によると、Apple PayモバイルSuica開始後の初動は「極めて好調」とのことで、2016年9月末時点で約381万人だったモバイルSuica会員数が、10月25日のApple Payサービス開始を挟んで、11月末時点で約410万人に伸びたとのことです。
 
会員数にはApple Payだけでなくガラケー、Androidスマホも含みますが、増加した約29万人の多くはApple Payと見られています
 
会員数は、特にApple Pay開始後1週間で急増した、とのことです。事実、開始初日はSuicaの登録ができないトラブルも発生していました。

JR東日本にとってモバイルSuicaのメリットは?

JR東日本がモバイルSuicaの導入を推進する理由は、駅の「キャッシュレス化」にある、と齊藤氏は語っています。
 
Suicaカードが普及したことで、自動券売機を減らし、低コストなIC専用自動改札機が増えて駅のスリム化が進んだそうで、モバイルSuicaによりその流れが強まることが期待されています。
 
カード式Suicaは自動券売機で現金をチャージするのが主流ですが、クレジットカードからのチャージが主流のモバイルSuicaが普及することで現金の取扱いを更に減らせる、と期待が語られています。
 
JR東日本 現金チャージ専用券売機
 
その一方で、ユーザーが慣れ親しんだ現金チャージにモバイルSuicaで対応するため、Apple Payを含むモバイルSuicaに現金チャージ可能な「赤い券売機」の設置も進められています。

電子マネーの利用は夏に伸びる

Apple Pay開始による、Suica電子マネーを使ったショッピング利用の増加は細かく分析はできていないとしながらも、「1人当たり・1日当たりの決済件数に好影響が出ているようだ」と明かしています。
 
興味深いことに、電子マネーの決済件数は夏場の暑い日に伸びるそうで、来年夏に利用件数の記録を更新すると期待しているそうです。

店頭のSuica決済端末がスマホに

JR東日本では現在、店舗が決済端末を導入しやすくするため、店舗側の決済端末としてソニーのスマホ「Xperia Z5 Compact」を利用する実証実験を進めているそうです。

 
また、海外で販売されているApple Pay対応iPhoneではSuicaが利用できないため、今後は端末の世界標準化が進むことへの期待も語られています。
 
このほか、IT Proの記事では、改札通過のスピードへのこだわりなどの内容が読めます。

 
 
Source:IT Pro
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる