トップページ > 最新情報 > Apple、労働基準法違反で敗訴〜200万ドルの賠償金支払いへ
2016年12月15日 16時33分

読了まで 131

Apple、労働基準法違反で敗訴〜200万ドルの賠償金支払いへ

Apple ロゴ
 
AppleがApple Storeおよび本社や支社勤務の従業員から、労働基準法に違反したとして提訴されていた件で、カリフォルニア州上位裁判所はAppleに対し、総額200万ドル(約2億3,500万円)の支払いを命じました

21,000人以上が原告団に参加

Appleは2011年、Apple Storeの4人の従業員から、適切な休憩時間や食事の時間を与えず、給与を決められた期日どおりに支払わないとして、提訴されました。
 
その後2014年に訴訟は集団訴訟となり、21,000人以上の元および現従業員が原告団に加わっています。

最高で1人当たり95ドル

200万ドルは基金としてプールされ、弁護士費用を含む諸費用を差し引いたのち、最高で原告団の1人当たり95ドル(約11,000円)が賠償金として支払われる見通しです。
 
Appleはこの件について現時点ではコメントをしていません。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる