トップページ > Apple Watch > Apple Watchの第3四半期出荷台数、前年同期から71%激減
2016年12月6日 12時41分

読了まで 224

Apple Watchの第3四半期出荷台数、前年同期から71%激減

apple watch series 2
 
最新調査データから、2016年第3四半期のApple Watchの出荷台数が、前年同期と比べ71%も減少していることがわかりました。

市場の85%を占めるのはフィットネスバンド

調査会社IDCが現地時間12月5日に公開した、2016年第3四半期のウェアラブルデバイス出荷台数および市場シェアデータによると、ウェアラブルデバイスの出荷台数は2,300万本に達し、前年同期比で3.1%増加しました。
 
ここでいうウェアラブルデバイスには、スマートウォッチ、そして主にフィットネスバンドで構成されるベーシックなウェアラブルデバイスが含まれますが、このベーシックタイプが市場の約85%を占めており、前年同期比で2桁成長を記録しています。
 
IDC 2016Q3 ウェアラブル

可能性はある?スマートウォッチ

IDC Mobile Device Trackersのシニアリサーチアナリストであるジテシュ・ウブラニ氏は「スマートウォッチが市場をリードすると期待された時期もあったが、現在はベーシックタイプが再び優勢となっている。単純さが成長要因であり、表のトップベンダー5社の4社がフィットネスバンド専業であることが、その事実を反映している」と述べています。
 
ただしスマートウォッチ市場が今後もう伸びないという意味ではありません。IDCはユーザーの趣向が変わればニーズも変わるため、魅力的な機能やアプリ、使いやすいユーザーインタフェース、スマートフォンなしでも接続できる機能、フィットネスや健康管理だけではなく、個人やビジネスの生産性を上げる機能などによって、市場を拡大できる可能性はあると見ています。

Apple Watchの今後は

また2016年第3四半期のApple Watchの出荷台数が、前年同期と比べて大幅に下落した理由のひとつは、第3四半期の最後の月となる9月中旬にApple Watch Series 2がリリースされたため、としています。つまりその前に買い控えが起きたということでしょう。
 
ただしIDCは、売れ行き不振の最大の理由は、最初のApple Watch発売からSeries 2発売までに間が空いたことと、当初ユーザーインタフェースが直感的に使えなかったことだと指摘しています。この2つの課題はApple Watch Series 2発売で解消されましたが、スマートウォッチ市場そのものが低迷している現在、Apple Watchも苦戦を強いられそうです。
 
またApple Watchが独占していたスマートウォッチ市場も変化しています。2016年第3四半期においてもAppleがリードしているものの、市場シェアは41.3%となっています。2位のGarminが20.5%とシェアを伸ばし、3位のSamsungは14.4%となっています。

 
IDC 2016Q3 ウェアラブル
 
 
Source:IDC
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる