トップページ > 最新情報 > 2017年のiPadには10.5インチモデルが追加か
2016年11月24日 13時32分

読了まで 155

2017年のiPadには10.5インチモデルが追加か

ipad pro ipad


 
現在Appleは、7.9インチのiPad mini、9.7インチのiPad Air2およびiPad Pro、そして12.9インチのiPad Proと、3種類のサイズを展開しています。来年はこれに10.5インチが追加されると、台湾メディアDigiTimesが報じています。

企業および教育市場が求める10.5インチ

DigiTimesが台湾のサプライチェーンから得た情報によると、Appleは2017年に10.5インチディスプレイを搭載したiPadを発売する予定で、12月には製造がスタートするとのことです。
 
その理由として、アメリカの企業や教育業界では、10インチよりも大きなサイズのタブレット人気が高いため、としています。既存の9.7インチでは小さすぎ、一方12.9インチのiPad Proでは価格が高すぎるという理由も背景にあるようです。
 
また新しい10.5インチモデルは、同様に2017年のアップデートが期待される12.9インチiPad Proとともに、A10Xプロセッサを搭載する見通しです。

10.5インチiPad、KGI証券も登場を予測

DigiTimesは10.5インチiPadの出荷台数について、2017年第1四半期は200万台、通年で500〜600万台に達するという予測まで伝えています。
 
一方Android搭載タブレットへの対抗策として、iPadシリーズの中では比較的安価な9.7インチモデルについても、2017年に後継機種が発表される、と同メディアは伝えています。
 
この10.5インチモデルについては、Apple関連情報の精度の高さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏も、2017年に発売されるとの予測を公開しています。
 
 
Source:DigiTimes
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる