2016年11月16日 10時50分

読了まで 143

中国でiPhone6/6sが突如オフになる問題多発〜消費者保護団体が訴え

iPhone6s


 
中国で、iPhone6/6sが勝手にシャットダウンしまうという問題が多発、消費者保護団体が現地時間11月15日、Appleに調査を求める文書を公開しました。

iPhone6/6sが勝手にシャットダウン

中国消費者協会によれば、中国のiPhone6/6sユーザーの間で、バッテリー残量が60〜50%になるとiPhoneが勝手にシャットダウンするという問題が発生している模様です。
 
この問題は気温が低い場所でも室温でも起きており、iOSを最新バージョンにアップデートしても解決されていません。また自動的にオフになったあとは、電源につながないと再びオンにすることができないようです。
 
中国消費者協会は、同様の問題を抱えたユーザーから、無視できない数の苦情が寄せられていると述べています。

Weiboにも苦情の投稿

同協会が文書を公開する前から、中国版SNSのWeiboなどにユーザーから同じ悩みを訴える苦情が投稿されていました。
 
あるユーザーは「バッテリー残量が60%になるとシャットダウンしてしまう。再起動するとバッテリー残量ゼロと表示される。それでもう一度オンにすると正常に戻るけど、また自動的にオフになってしまう」と投稿しています。
 
Appleはこの件について、現時点ではコメントを発表していません。
 
 
Source:PC World
(lunatic)

カテゴリ : iPhone6, iPhone6s, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる