トップページ > 最新情報 > 盗難対策をさらに強化〜iPhoneがオフでも現在位置がわかる!?
2016年11月5日 13時20分

読了まで 155

盗難対策をさらに強化〜iPhoneがオフでも現在位置がわかる!?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhoneを探す
 
iPhoneは「iPhoneを探す」機能によって、盗まれたり、置き忘れたりした場合でも、現在位置が追跡できるようになっています。この機能がさらに進化し、将来的には電源が入っていなくても、追跡が可能になるかも知れません。

「iPhoneを探す」は電源オフだと機能しない

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、盗まれたiPhoneの電源が切られていても、iPhoneの現在位置が把握できる技術についてのAppleの特許を承認しました。
 
「iPhoneを探す」は、ユーザーのiPhoneの現在位置をマップ上に示してくれる便利な機能です。しかしiPhoneを盗んだ人間が電源を切り、SIMカードを抜いてしまえば、まったく機能しません

タイマーを利用

今年5月6日付けで申請された特許では、「定期的に電源オフの状態から脱し、位置データを転送する」機能を追加する方法が説明されています。
 
電源オフの状態でもiPhoneの一部分だけを定期的に電源オンの状態にするため、Appleはタイマーを使用するとしています。これによってオン状態となった位置サービスモジュールが現在位置を判断、ひとつまたは複数の方法で位置データをユーザーに送信します。
 
特許にはユーザーがiPhoneを追跡できるように、コード、画像、音声またはパターンなどを、メールまたはテキストで送信する、と記されていますが、その方法がWi-Fiにしか対応しないその他のApple端末、たとえばMacBookやiPadでも利用できるのかどうかは不明です。
 
これまでの特許同様、この特許が実用化されるかどうかはわかりませんが、万一盗難にあった場合にオフ状態でも追跡可能なこの機能は、ぜひ追加してもらいたいものです。
 
 
Source:Cult of Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる