2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2017年、世界のネット接続の75%がモバイルに!モバイル広告がデスクトップを逆転!

    iPhone7

    iPhone7
     
    イギリスに本拠地を置く広告代理店のZenithは、世界60の国と地域について分析した結果、2017年の世界のインターネット利用の75%がスマートフォンやタブレットといったモバイルによって占められる、との予測を発表しました。

    モバイルインターネット利用率、最高はスペインの85%

    モバイルによるインターネット利用が特に普及しているのは、西ヨーロッパ、アジア、北米の各地域です。世界で最もモバイル利用率が高いスペインでは、2016年のインターネット利用の85%がモバイルによるものです。以下、香港が79%、中国が76%、アメリカが74%、イタリアと中国がともに74%で続きます。
     
    2018年には、モバイルインターネット利用率は、香港が世界最高の89%となり、中国が87%、スペインが86%、アメリカとイタリアが83%、インドが82%になる、と予測されています。
     
    これらのデータを含む「Mobile Advertising Forecasts 2016」では、日本も調査対象となっていますが、上位層には名前が出てきません。

    スマートフォン普及率、2012年から2016年で2.4倍に!

    2012年、世界のスマートフォン普及率は23%でした。4年後の2016年には、スマートフォン普及率は56%と、2.4倍に増加しており、2018年には63%に達するだろう、と予測されています。
     
    ちなみに、タブレット普及率は2012年に5%でしたが、2016年時点で15%となっており、2018年には17%まで伸びると見込まれます。

    2017年、モバイル広告がデスクトップを逆転!新聞・雑誌等の広告を超える巨大市場へ

    拡大を続けるモバイル広告市場規模は、2017年にはデスクトップ広告を抜き去る、とZenithは予測しています。世界のインターネット広告のうち、モバイル広告が占めるシェアは2016年の44%から2017年に52%と半数を超え、2018年には60%に達するとのことです。
     
    2018年には、モバイル広告費は1,340億ドル(約14兆円)になると予想されています。これは、新聞・雑誌・映画・屋外広告の合計額よりも大きなものとなっています。
     
     
    Source:Zenith
    Photo:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次