Galaxy Note 7が関空で発煙!国内初の事例に

Galaxy Note 7

Galaxy Note 7
 
発火事案により製造・販売が中止になっているほか、国内外で機内持ち込みが禁止となっているSamusungのフラッグシップスマートフォンGalaxy Note 7ですが、18日に関空で発煙トラブルがあったことがわかりました。

バッテリーを外そうとしたところ、発煙

Yomiuri Onlineによりますと、18日昼頃に国際線の保安検査場において、出国しようとしていた外国人の乗客が、本体からバッテリーを取り外そうとしたところ、突然発煙したとのことです。Galaxy Note 7が国内飛行場で発煙したのは、今回が初めてのケースです。
 
バッテリーを強引に取り外すに至った理由は、係員が機内への持ち込みを禁止する条項を伝えたことに端を発しており、こうした抑止がなければ、機内で発煙騒ぎになっていた可能性についても示唆されています。
 
日本では未発売だったこともあり、日本人の所有率は極めて低いと考えられる同スマートフォンですが、国内外でこうした制限は厳しくなっており、違反すれば刑事罰に問われる可能性もありますし、なによりも周囲の乗客を危険にさらすことも十分に考えられますので、しっかりと現在実施されている交換対応に応じるのがよいでしょう。
 
 
Source:Yomiuri Online
(クロス)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次