セラミック製iPhone8は実現しない!?その理由とは

    Apple Watch Edition

    Apple Watch Edition
     
    ホワイトセラミックをケースに採用したApple Watch Editionの登場で、「来年発売の次期iPhoneのボディはセラミック製になるのでは」との噂が浮上しています。
     
    しかしプロダクトデザイナーのグレッグ・コーニグ氏は、その可能性は低いと推測、理由を説明しています。

    セラミック素材そのものに新技術はない

    コーニグ氏は、「もしAppleが、Apple Watch Editionのケース製造に用いた新たなプロセスを来年のiPhoneに適用するなら、セラミック製Apple Watchはこの製造技術のテスト的な存在であるはず」とし、Appleは詳細は明らかにしないものの、革新的な製造プロセスについては積極的にマーケティングに活用してきた、と指摘します。
     
    同氏はまた、もしAppleがいう素材が本当なら、セラミック製Apple Watch Editionの素材やプロセスには「正直言って何ひとつ革新的なものも、新しいものもない」と言い切っています。

    相当な労力と資源が必要なセラミック製iPhone

    ただし現行のApple Watchの製造プロセスを考えると、セラミック製のiPhone製造にはかなりの労力と設備が求められるそうです。
     
    Apple WatchのサイズをiPhoneのサイズと製造台数にスケールアップして試算すると、まずセラミックの焼成プロセスのために、フットボール球場2個分の窯のスペースが必要になります。またセラミックを加工するのに2万から2万5,000台の機械が、さらに最終的な仕上げ作業をするために20万人の人手が必要だ、とコーニグ氏は述べています。
     
    同氏はAppleがピーク時にはiPhoneを1日100万台製造しているとし、Appleがアルミニウムから他の素材への変更を検討するなら、当然同じスケールでの製造が可能なものを選択するはずだと主張しています。
     
     
    Source:Daring Fireball
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次