2016年10月19日 14時01分

読了まで 20

iOSの所有率は68.3%、所有率が高いiOS端末はiPhone6〜MMD研究所

MMD研究所


 
MMD研究所は2016年10月1日から5日にかけて、15歳〜69歳の男女6,549人を対象に「2016年10月携帯端末購入に関する定点調査」を実施、報告書をまとめました。

スマホユーザーが7割以上に

15歳〜69歳の男女6,549人を対象に、現在利用している携帯電話端末を聞いたところ、が72.0%、フィーチャーフォンが22.3%となりました。なお携帯電話を所持していないという回答も5.6%ありました。
 
スマートフォンを所有している15歳以上の4,718人を対象に、主に利用している端末のOSを聞いたところ、の所有率は68.3%、の所有率は26.9%でした。

依然として所有率の高いiPhone6

を所有する3,218人に所有しているモデルを聞いたところ、今年発売されたモデルではiPhone7が3.4%、iPhone7 Plusが1.0%、iPhone SEが5.2%でした。また所有率がもっとも高かったのはiPhone6で28.1%、次がiPhone6sで26.6%でした。
 
MMD研究所
 
Androidを所有する1,265人に所有するシリーズを聞いたところ、もっとも多いのがXperiaで36.4%、次がAQUOSで22.2%、3位はARROWSで11.8%でした。
 
MMD研究所

フィーチャーフォンの5割以上が2012年12月以前に購入

また携帯電話端末を所有する6,181人に、現在主に利用している端末の購入時期を聞いたところ、フィーチャーフォンユーザーの52.7%が2012年12月以前と回答、半数以上がほぼ4年もしくはそれ以上、同じ端末を使い続けていることがわかりました。
 
一方スマートフォンユーザー購入時期でもっとも多かったのが2016年で、29.3%でした。スマートフォンユーザーのほうが頻繁に買い替えていることが、図表からも読み取れます。
 
MMD研究所
 
 
Source:MMD研究所
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる